タグ別アーカイブ: if

JACASCRIPTで引数省略、関数の引数より多い引数を指定した場合はarguments

JACASCRIPTで引数省略、関数の引数より多い引数を指定した場合はarguments

–まとめ

Javascript関数 引数を省略したり、追加したり、可変変数の扱い

JACASCRIPTで関数の引数を省略することは可能
ではもし、関数を定義したときの引数より多い引数を指定した場合はどうなるのか?

関数の引数が多くなったときは
arguments
を使う。

argumentsを使って配列のように扱う。

はじめに

関数の引数の数を変更したい要望は時間が経つに連れて増えてくる。
最初の仕様と実際に使ってみた仕様は変わってくる。
引数を変えるだけだから、関数を記述した箇所に引数を入れればいいだけ。
しかし、その記述が多い場合、その作業は大変なものになる。
コンパイルが必要な場合は、もう一度ビルドから必要かも(Javascriptにコンパイルはないから不便はない)。
できれば、関数の定義と新規に引数を追加したファイルだけ関数の引数の追加を修正したいことがある。
JAVASCRIPTは、引数の省略ができる。指定されなかった引数は無視できるように関数を修正しておけばよい。
 それならば、引数が2つの場合で引数を1つ指定するといった使い方ができるし、引数が2つの場合で引数を3つ以上指定することも可能である。
注意するのは、引数を省略できて、かつ引数の数が多いのにその余分な引数を取得する方法(arguments)を理解できている必要がある。
理解していないと、他に関数が定義されていると初心者開発者が混乱してしまう。関数で定義した引数の数が実際に記述されている引数の数が違うと記述の間違いと思う。実際はそうでなくてargumentsで余分な引数を取得していた。

すぐに理解できる関数の引数
引数が1つの場合で引数を1つ指定する
引数が2つの場合で引数を2つ指定する
ここまでは問題ない。引数の数があっているから。
次に、引数が2つの場合で引数を1つ指定するところからいろいろとややこしいことが起こる。

引数が2つの場合で引数を1つ指定する

引数が2つの場合で引数を3つ指定する



https://oshiete.goo.ne.jp/qa/225482.html
JavaScriptは、関数の引数の省略できる。
続きを読む

開発言語別簡易文法チート表、VB.NETとC#のチート表他Javascript、PHP

開発言語別簡易文法チート表、VB.NETとC#のチート表他Javascript、PHP
チートとはずるいとか卑怯とか騙すいう意味があるらしいけど、開発言語とか良い意味で使えば便利とか得するとか秘伝、秘密の巻物的な意味合いも出てくるだろう。
簡単に言えば、開発言語別の文法一覧。
いくつも言語を使っていると、IF文だけでもそれぞれ異なる。でもまとめてみると以外にもグループ分けすれば同じ文法だったりする。
C言語系はほぼ同じ。
Rubyとかパイソンとかのスクリプト系は独自路線を走ってる。
スプレッドシートにまとめていたので、下のPDFからダウンロードできる。
見にくかったりまとまったりしているのは、書きなぐりだから。きれいにレイアウトするのが面倒になった。

・文法の特徴と類似点
C,C++,C#とJAVA,JAVASCRIPT、Google App Script,PHPは似ている
VBとCLASSICASPとエクセルは似ている

開発言語別簡易文法チート表、VB.NETとC#のチート表他Javascript、PHP – チート表PDF 2019/04/06版随時改定予定

続きを読む