particle」タグアーカイブ

Unityピンポンゲーム学習中 6Aから6C 動画テクスチャ、マテリアル、パーティクル

Unityピンポンゲーム学習中 6Aから6C 動画テクスチャ、マテリアル、パーティクル

ポンゲームたんに、ボールが跳ね返るだけで、ブロック崩しゲームではありません。でも、サーバにアップすると動かせるようになりますので、簡単です。
Webで作成しながら、アイフォン向けにもできそうです。Unity

Unity tutorial – Pong Game – How To Make Mobile Games – part 6A
テクスチャ、マテリアル,Photoshotp elementsで作成したPSDファイルをそのまま保存してもUnityは読み込んでくれる。
Editメニュー−>Rendering Optionを選択して、AmbientLightでWhiteにする

materialを追加します。
そして、textureフォルダを作成して、そこに画像を保存します。ファインダーからファイルをUnityアプリ側へドラッグしてもOKです。
ambient
すると、いままでボールが黒かったのが、白くなります。
画面は、設定後です。

ーー
Unity tutorial (beginner) – Pong Game – How To Make Mobile Games (iphone and android) – part 6B
MainCameraオブジェクトを選択して、Backgroundの色を黒に変えます。
パーティクルを追加
パーティクルを使わなければ、必要は無いようです。

次は、MainCamerのバックグラウンドの色です。

back
すると、バックが青色から黒に変わりました。

次は、ParticleSystemです。
パーティクルシステムを追加すると、画面で確認できます。

ここらへんは、つかうときにいろいろとためすしかなさそうです。


パーティクルの続き
Unity tutorial (beginner) – Pong Game – How To Make Mobile Games (iphone and android) – part 6C
>ちょっと説明が長くて、眠くなります。特に必要ないかもね。
スパークするようなパーティクルの設定
ここで、ボールがバーに当たったタイミングで、パーティクルが表示されません。プレーするとずっとパーティクルが表示されたままです。
どうやら、設定がなにか足らないようですね。

次は、ボールが壁に当たったときに、パーティクルが動作するスクリプトです。
パーティクルはプレハブを使用します。そうしないと、画面中に無関係のパーティクルが表示されてしまいます。

ball.js


var mainGameScript:MainGame;
//add 
var particle_splash:GameObject;

function Awake(){
	rigidbody.AddForce(4,4,0,ForceMode.Impulse);
	
	//4c
	InvokeRepeating("IncreaseBallVelocity",2,2);//2sec,2sec= start time, repeat time
}

function Update(){

	if(transform.position.y<-5){
		//Application.LoadLevel("menu");
		mainGameScript.GameOver();
		
	}
}

//4c
function IncreaseBallVelocity(){
	rigidbody.velocity*=1.05;
	Debug.Log("velocity:"+rigidbody.velocity);
}

//add
function OnCollisionEnter(collision:Collision){
	Instantiate(particle_splash,transform.position,transform.rotation);
}

前回の学習は5Aから5C