上のメニューへ  
 
前へ | ナルト52巻  ▲Top

ナルト51巻 サスケVSダンゾウ

<感想ネタバレを含む。>



ナルト51巻になってけっこう話がこんごらがってきた。 憎しみと復讐がいり混ざり、誰のいうことも聞かなくなるサスケ。 サクラは、大好きなサスケがこれ以上悪の道に進むのに堪えられず、自分の手でサスケを倒そうと決意する。
  1. -(1)ダイゾウとサスケの戦い
  2. ・ダイゾウ

     ダイゾウは、右腕に写輪眼を10個移植した腕を持つ。写輪眼は、腕に移植されても機能した。しかし、写輪眼を制御するために、初代火影の細胞を腕に移植していた。
     ダイゾウは、右目を包帯で覆っていた。
     ダイゾウの能力は、写輪眼を使って幻術イザナギを扱う。しかし、この幻術は相手に対してまやかしを見せるものではなく、現実の自分の状態に対して、無かったことにできる時間的物体的幻現象である。
     たとえば、自分が相手の攻撃によって刺されたとしても、無かったことにできる。 しかし、この術を使うと写輪眼の目を一つ消費してしまい二度度使うことはできない。数に限りがある。なんか、ドラえもんの四次元ポケットから出てくるような術である。 ダンゾウは、三代目火影とライバルだった。
    ・サスケ

     どんどん強くなっていくサスケ。背後霊のようなチャクラで具現化したようなスサノオや天照などを自在に扱い攻撃をしかける。 ・サスケの勝利  不死身のように巧みにサスケの攻撃をかわすダンゾウ。しかし、ダンゾウの写輪眼は、制限時間が短く、その制限時間内に相手の攻撃を交わす必要がある。 しかも、術を使うダンゾウにすらどれくらいの制限時間かはわかっていない。
     サスケは、ダンゾウに小さな幻術を仕掛け、制限時間がまだ経過していないように見せかけた。  写輪眼の目が開いていることは制限時間が経過していないことを示す。
    ダンゾウはそう信じ切ってサスケと相打ちに持ち込んだ。
    しかし、実際は、制限時間を経過しており、ダンゾウの術は起動しなかった。ダンゾウは死ぬ間際に、裏四象封印術を使い、自分の周囲の半径数メートルの範囲の立体的な球範囲内のものを封印しようとして、凄絶な死を遂げる。しかし、マダラもサスケもダンゾウの決死の術は意味がなかった。
     破れたダンゾウの亡骸からシスイの眼を奪おうとしたマダラだったが、ダンゾウによって破壊されていた。
  3. -(2)サクラ危うし
  4.  サクラは、七班のメンバーを眠らせ、サスケを倒そうとする。しかし、逆にサスケに殺されようとしたときにカカシがサクラを助ける。
次回、52巻で、カカシとサスケの戦いへ。
少年ジャンプ narutoナルト52巻  以上
次へ
少年ジャンプ narutoナルト53巻
少年ジャンプ narutoナルト54巻

少年ジャンプ narutoナルト55巻 大戦
少年ジャンプ narutoナルト56巻 金角銀角、英雄伝説 

関連マンガ感想リンク


マンガコミックの感想一覧
少年ジャンプ ワンピース61巻 感想、強くなった麦わら海賊団。2011年2月発売
少年ジャンプ ワンピース62巻 魚人島に着いたルフィとネプチューン王たち、ネタバレあり。2011年5月発売
こち亀 こちら葛飾区亀有公園前派出所 170巻 部長の家に泊まろう、他
こち亀 こちら葛飾区亀有公園前派出所 171巻 未来に継ぐ者、他
こち亀 こちら葛飾区亀有公園前派出所 174巻 世界一の下町タワー、他
伊賀の影丸 1巻 半蔵暗殺帳の巻
伊賀の影丸 10巻 土蜘蛛五人衆
伊賀の影丸 11巻 地獄谷金山






---(^_^)----
▲Topに戻る



 


パック旅行なあ

高速バス予約4000円

広告
.
  

Warning: include_once(/home/enjoygoodtown/www/php/cm/comic_cm.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/pikucha/www/comic/naruto51.php on line 200

Warning: include_once(): Failed opening '/home/enjoygoodtown/www/php/cm/comic_cm.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/pikucha/www/comic/naruto51.php on line 200

Fatal error: Call to undefined function f_comic_cm() in /home/pikucha/www/comic/naruto51.php on line 201