6/27の年初来高値、 高千穂交易、ダブル・スコープ、サーティワン他 気になる銘柄

2676 東証PRM 高千穂交易(株)
2022/06/27 1910 2022/06/01 1886 1911
エレクトロニクス商社老舗。商品監視システム機器やデバイスが主力。海外で防火システム。

6619 東証PRM ダブル・スコープ(株)
2022/06/27 2228 2022/06/24 2095 2279
リチウムイオン電池セパレーターの専業メーカー。韓国で生産。EV車向け拡大、世界販売。

>電力、原子力テーマ

9502 東証PRM 中部電力(株)
2022/06/27 1352 2022/05/10 1355 1367
電力大手。中部財界の重鎮。浜岡原発3基停止中。火力発電は東電と統合。

9503 東証PRM 関西電力(株)
2022/06/27 1335 2022/06/24 1332 1357
東電と並ぶ業界の雄。原発依存度高いが代替電源確保へ。情報通信も。

 

>アイスクリーム

2268 東証STD B-R サーティワン アイスクリーム(株)
2022/06/27 4085 2022/05/23 4065 4135
アイスクリーム販売で首位。全国にFC展開。店舗設備賃貸も。不二家・米社の合弁。

7698 東証STD (株)アイスコ
2022/06/27 1749 2022/06/24 1594 1889
アイスクリームなどの卸販売を行うフローズン事業と、生鮮食品スーパーを運営。

【予想】2023年4月以降に金融緩和方針が転換するのか?

黒田総裁の任期

「2013年3月に就任し、在任日数が歴代最長となっている日銀の黒田総裁は、来年4月8日までが任期」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220408/k10013572161000.html

世界の金利上昇と円安で苦しむ日本

円安の原因は、世界の金利が上昇したから。特にアメリカは、1,2ヶ月おきに0.25〜0.75%の金利を値上げしている。一方の日本は、かたくなにゼロ金利を継続している。

そのため、金利が高い方の通貨を買う動きが進んだ。円を売ってドルを買う動きが加速した。本来なら、日本も金利を上げるべきだが、金利を上げることで借金が増えて経済が停滞することを恐れているためできない。

「円安は全体としては日本経済にプラス」なのか?

円安が進行中。1ドル130円、135円、136円(2022/06/26時点)。
そして140円も見えてきた。
輸出業は為替で利益が出るが、資源のない日本は材料を輸入して生産し販売する。結果的に材料のコストが原価の3分の1を超えるとほぼ赤字になる。
利益を保つのに楽で良い手段は、商品を値上げする。円安で高くなった材料分を商品の価格に上乗せすれば、マイナスをカバーできる。
しかし、値上げは容易ではない。値上げすればお客が他の商品を買うことになるかもしれない。
よほど、競争力のある商品でなければ値上げは難しい。値上げしたことで、売上が減って結果として利益が減っていては値上げをした意味がなくなってしまう。
今の日本は、円安が悪い円安になり物価が上昇し消費者は出費に苦しんでいる。

2023年4月以降に金融緩和方針が転換するのか?
来年の話をすると鬼が笑う

>結論:金融緩和方針が転換するだろう。

理由、根拠:根拠はない。
理由は、このまま円安が150円になると、他の国の為替に影響がでるかもしれない。
そうなると、日本とアメリカだけの問題ではなく、他の国から介入の動きが発生する。
日本はアメリカが文句を言うまで円安のまま進行する。

アメリカにとってドル高は好都合。
日本がどうなろうが知ったこっちゃない。
アメリカ・ファーストであるため日本の経済が壊れようが気にしない。
かといって、財布代わりの日本が経済破綻してもらっても困る。
日本は海外援助、国連、国際機構の補助金(?)の4分の1以上(昔の記憶)を支払っている。
日本は常任理事国ではないのに、、、
日本が支払いを止めたら国際機構の職員は路頭に迷うだろう。つまり世界の王たるアメリカの代わりに金庫番の日本が支払っている。日本の消費税が引き上げられた要因の1つである(想像)。

日本も金利が上がれば、株安か?

>NYダウを参考

株式市場が動き出すのはいつぐらいか?

少なくとも円安140円くらいで金融緩和政策の見直し議論がでてくるかもしれない。つまり、黒田総裁の次の総裁になっても、円安がどれくらい進行しているかで、金融緩和政策の見直しが決まるだろうから、そのときにまた予想を考える。

過去のNYダウを参考にすれば
「噂で下落して、事実で反発」

金融緩和方針の転換の2,3ヶ月前くらいにマスコミが騒ぎ出し、日経平均株価が一時的に下落するだろう。
その後は少し持ち直し、利上げ政策発表によりまた下落する。
その後また持ち直すのかは来年になってからなのだろう。

 

6/24金曜日の年初来高値、森永製菓、レノバ、アクシーズ他 気になる銘柄

 

コード、市場、企業名、
日付、終値、前回日付、前回高値、今日高値
概要
>自己コメント(記載しないこともある)

2201 東証PRM 森永製菓(株)
2022/06/24 4225 2022/06/23 4195 4240
総合菓子メーカー大手。菓子・冷菓が主力。健康食品なども。海外市場を深耕。

>1回目、PBR1.6、壁は4500円

9519 東証PRM (株)レノバ
2022/06/24 2563 2022/06/09 2248 2563
再生可能エネルギー施設の開発事業。太陽光、風力、バイオマスなど発電を拡大。

1381 東証STD (株)アクシーズ
2022/06/24 3420 2022/06/10 3420 3455
鶏肉国内大手。KFCへの供給が主力。飼料から加工まで一貫。外食FCも。

>直近の高値は3500円が壁、これを超えるともっと上か

2437 東証STD Shinwa Wise Holdings(株)
2022/06/24 1231 2022/06/23 1184 1286
高級絵画や陶磁器などオークション企画開催で最大手。再生可能エネルギー関連も。

>「「江戸バース」イメージ画像発表で投資資金が再攻勢」NFTアートオークションを開催