参考、1518三井松島 好決算後の特売りの株価の行方 ゼッピー井村さんの動向

決算当日発表後の株価
11/5終値 1281円-189

ゼッピーの井村さんが大量に買った銘柄で注目を浴びて株価が上下していた。
11/5午後2時に決算発表が行われた直後、特売りの気配だった。
そして、189円安で引けた。前場はそこそこ上がっていたのに、、、

決算内容は良かったが、今後の石炭採掘に問題があったようだ。(三井松島の事業の石炭比率は約3〜4分の1くらいで、仮に石炭事業がなくなっても業績は大きく悪くならないらしい)

更に、ある投信会社が保有の一部である約3%の株を午後に売却したらしい。(残りまだ約3−4%保有している)
そのため、午後2時は一瞬1500円になっていた株価が急落した。
多分、大方の予想では株価は上昇したはず。しかし、大量売却が発生したことによりつられて売につながったようだ。

決算時期を使った大量売却は売る方にも理由がかんたんに言えて売りやすいということ。
もともと大量に売りたいが、平日の市場で大量に売れば株価は下落するしそうして下落すれば利益が減るし、更に下落を誘うかもしれない。
そこで、決算時期に売れば、売買が集中して出来高が増えるし材料出尽くしという理由をつけやすい。
ようするに決算内容如何に問わず売りたかったから売ったというだけだろう。
個人投資家はこういった状況に全く立ち向かえない。
触らぬ神に祟りなしなので、話題になった銘柄の決算跨ぎとか提灯買いは下げるべきだろう。

もし井村さんが今日売却してたら更に笑える話である。そんなことをすれば非難されるはずなので売ってはいないだろう。

そして2021/11/05午後9時ごろに井村さんはTwitterで呟いた。
「マーケットは常に正しい

そうですね

相場の世界は結果が全て
逆らってはいけません。

それでも

相場が間違っている、と

信念の買い増し

変わりゆく会社を長い目で見届けます

最後に一言

_人人人人_
>株つらい<
 ̄Y^Y^Y^Y ̄

要約すると
「株は辛いが、信じて、買い増し」
このつぶやきに夜間は盛り上がった。井村さんは売っていない。このまま保有する。
すでに買ったのかそれとも来週買い増しなのか不明だが、来週月曜日はさらに提灯株価になって上下しそうである。
井村信者が買えばデイトレ参加が増え売りの投資家も参戦するだろう。

月曜日は非常におもしろそうだ
でも私は参加しない。
急落が怖いので損切りできない
よほど、板読みがうまいか損切りが上手くないと難しいと思う