【株調査中】 折れ線チャートで上がる銘柄、下がる銘柄の特徴

調査中なので確信を持っているわけではなく、なんとなくそのような傾向にあるというだけ。
今後チャートの動きに対して、なにかの傾向がわかったらまた記載する。

折れ線チャートは、Pythonを使用して米ヤフーファイナンスからデータを取得して
Pandasを使用してグラフを描画した

上がった銘柄

7011 三菱重工
全体的に、右肩上がり中
下落したときは、前回の下落の谷よりも下落しない

下げた銘柄

8158 ソーダニッカ
全体的に、横ばいからの下落
下落したときに、前回の谷よりも下がった


・調査経過報告

折れ線の多少の上下変動は「ノイズ、ゆらぎ、遊び」として考慮しない。一時的な誤差範囲とする。
そこで、折れ線チャートを太い帯として考えて、チャートの動きを捉えると良いかもしれない。
上がる動きは、下げても押し目買いが強く、前回の谷よりも先に下落が止まって上がっていく
横ばいの動きは、株価として勢いがない危険性がある。もしかすると上がるかもしれないが下がるかもしれず、注意が必要な動き。自社株買い等が行われている可能性もあり、自社株買いが終わると下落する