地政学リスク、政情不安」カテゴリーアーカイブ

【戦争予想】 ロシアウクライナ戦争 春秋くらいに停戦かも?

ロシアウクライナ戦争の各国の思惑

アメリカ

アメリカは大統領選挙前にロシアウクライナ戦争を停戦にしたい
戦争の影響で原油や輸入品が高く物価高を抑えたいまた援助費を少なくしたい

ロシア

ロシアは国内世論の反対が増加
輸入部品が足りないため、国内製品が高騰しているが、国民は慣れているので辛抱できる。富裕層は国外にいるため、経済制裁で苦しむのは周辺の共和国とか田舎のロシア人たち。
憶測で、プーチン大統領が入院して政権が揺らぐ可能性もある

ウクライナ

ウクライナは海外から援助が少なくなりつつ有るしウクライナ国内も疲弊している。しかしこのままロシアの言いなりになれば、次は国土全体を奪われる。ロシアは信用ならないテロ国家である。停戦合意すらいつ破棄するかわからない。

中国

ロシアウクライナ戦争による経済制裁の様子を見つつ、台湾進行を計画中。頼みの綱はロシアだが、経済制裁で疲弊していて軍事力、資金力とも頼りにならない。特に軍事力では、ロシア製品の機能が西欧諸国の軍事製品よりも劣ることが証明された。ロシアで頼りになるのは原油と小麦だけ。北朝鮮をどのように操るかでアメリカを撹乱させることができれば成功。仮にこのまま台湾進行を進めれば、経済制裁で中国経済は大打撃を受けることは自明の理である。中国国内が不景気になれば、中国国内の民衆のデモが活発になり、反日運動を起こしても収まりきれない。

結論

ロシアウクライナ戦争の停戦は早くて2023年の春、遅くても秋には停戦合意がなされる。
冬までに世界は停戦にしたいと考えている

株式市場ではどのような変化が起きるか

エネルギーに変化が起きる。原油、石炭は安くなる。

小麦、とうもろこしが安くなる

結果として物価高が停滞する

戦争停止の安心感から、国家間の往来が活発になり観光業が賑わう

世界的に物流が滞りなく動き始めるので、輸送費等が安くなり輸入品が安くなる

日本の株式市場ではどのテーマが上昇するのか?

>これから

 

【予想】2023年日本は不景気か?日経平均株価は下落なのか?

2023年の日本が不景気になる理由、推測

海外の国々が利上げをする中、日銀の黒田さんは頑なに金融緩和政策を続けている。日本だけがゼロ金利、マイナス金利を続けている。一方でアメリカ等の海外は利上げを進行中。その差は開く一方になる。金利が高いほうが利益を出せるため、円を売ってドルを買う急激な円安が進行して、輸入大国である日本は資源、材料、燃料を高く購入するはめになった。150円台で財務省が為替介入をするが焼け石に水でその効果は数時間しか持たない。アメリカのFOMCは年内は利上げを更にすすめることになるため円安は更に進行する。もし、来年2023年もFOMCが利上げを継続すれば、円安は160円〜180円になるかもしれない。

円安の影響で、海外からの輸入品は高くなっている。原価が高いということは、材料費が高くなるということであり、結果として商品、食品などあらゆる価格が上昇することになり、物価が高くなる。
しかし、賃金、給料、利息は上がらず変わらない。さらに消費税、増税により出費はますます増えていく。

結果として、消費を抑える方向に動くことで、企業の売上は下落する。
売上が減ることは利益の減少につながる。賃金、ボーナス、アルバイト代などの単価は上がらず、
日本は不景気になっていく。

日経平均株価が下落する理由、推測

円安の影響で企業の収益が減少していくなか、日銀総裁の交代で利上げを決定するとすれば、2023年春、夏以降、、もし、新しい日銀総裁が金融緩和を継続すれば円安が進行する代わりに株価は上がるかもしれない。
しかし、今の情勢では新しい日銀総裁は利上げに踏み切るだろう。今度は利上げにより、円高となり割安だった日本株を海外の投資家が買わない。利上げによって株価は下落する。
更に、不景気となった日本の企業は企業価値が減少していくことになり、需給が減っていく。
株は売られることになり、株価は減少。
結果として、日経平均株価は下落していく。

不景気に強い株を買えばよいのか?

 強そうなテーマ

インフラ関係の企業の株価に期待ができそう。ガス(原油高ではない場合)、電気、通信関係。

円安の場合、日本国内よりも海外の売上比率が高い銘柄が為替差益による利益が高そう。

>景気に関係なくお金の出し惜しみをしないテーマを探す

 弱そうなテーマ

飲食関係、物流関係は買い控え、商品の発送量が減りそう

ロシアウクライナ戦争が停戦、終結すれば景気が改善するか?

現時点で、ロシアウクライナ戦争が停戦する気配はない。ロシアの武器、兵数が減っていくなか国家総動員までしてウクライナに勝ちたいプーチン大統領は、中国やイランから武器の提供を受けている。そのため、2022年〜2023年春くらいまで戦争は続きそうである。

しかし、2023年夏あたりで、体力が低下してきたロシアが停戦に応じる可能性は高い。ウクライナも世界から資金や武器弾薬の提供を受けているとはいっても、欧州、アメリカ等無限に資金等を提供してくれるわけではない。ロシアからのLNG、原油が輸入できないことで、燃料が高騰し、欧州の国民も苦しんでいる。ウクライナへの資金等の提供を徐々に減らすことも考えられ、そのときウクライナもロシア同様に停戦に舵を変えるかもしれない。

停戦により、数カ月はまだ危険な時期をすぎるだろう。その後は、徐々にロシア、ウクライナからエネルギーや食料が世界に供給されるようになる。そうなれば、いままで高かった石油、LNG、小麦等が安くなり物価高が治まる。

徐々に景気が改善するかもしれない。ただし、円安が進行していると難しい。

 

【台湾有事】中国の台湾侵攻でどうなる日経平均株価?

中国が台湾に武力侵攻した場合日経平均株価はどう動くかを予想した

なぜ中国は台湾に侵攻するのか?

一つの中国を実施する
世界の中心に中国が存在するための一歩

1 中国が台湾侵攻開始した場合米軍が参戦する

バイデン大統領は、「台湾有事の際は「アメリカ軍が台湾を守る」と明言
日本の自衛隊はバックアップ体制で燃料・武器・弾薬等を補助する。沖縄のアメリカ軍事基地が中国、北朝鮮から襲撃を受けるかもしれない。その場合、日本も参戦の可能性は非常に高い。>日本が参戦した場合、株市場である東京証券取引所が一時的に閉鎖される可能性もある。

戦争開始直前:株価下落
戦争開始:株価は一時的に上昇しまた下落
防衛関連銘柄ストップ高 買い気配、エネルギー株高値

旅行関連、空運(JAL、ANA)が下落

半導体関連、半導体を使用する自動車関連も下落

 いつごろか?

2022年内はない(アメリカの中間選挙)。2023年1月〜3月は旧正月のために侵略はない。2023年4月以降を予想

ただし、バイデン政権から共和党政権に変わった場合、米軍が台湾有事に参加するか不明。

2 どれくらいの期間、戦争が続くか?

約1〜2週間、中国大陸から船で台湾の浜辺に上陸する場合、歩兵、戦車が狙い撃ちされる。中国戦闘機が台湾の領空権を支配できても、歩兵が台湾本土に上陸する必要がある。米軍は、空母から戦闘機、戦闘ヘリを出撃させ、中国の戦闘機、軍艦を攻撃。攻撃ドローンを多数配備。米軍潜水艦による中国軍艦、空母への攻撃により、中国船は大半が撃沈される。

直近で戦争したことが無い中国は軍部内での経験不足や中国兵士の士気の低さから脱走兵が多数発生するだろう。戦争がビジネスになっているアメリカ軍にかなうはずがない。
米軍が勝つ 中国軍は撤退

3 世界経済の影響 日本 アメリカ経済

エネルギー高騰 石油 石炭 冬なら高騰
中国は石油をロシアから 石炭をオーストラリアから輸入(オーストラリアは中国との取引を停止するかもしれない)
世界経済は中国に対して経済制裁を実施する。ロシアは中国の味方となるが、距離があるため軍事作成としてはロシアは役に立たない。役に立つのは石油、LNG、石炭くらい。

中国からの日本への輸入が一時ストップするかも、日本の物価が上がる

>日本はアメリカの味方で、中国の敵となる。そのため、中国政府中国へのビザ発給を停止、観光、ビジネスとも往来ができなくなる。そして、中国政府は中国にある日系企業の財産および工場等の製品を強制的に差押をするかもしれない。場合によって中国政府知的財産である特許、商標、著作権等も剥奪する可能性もあり、非常にリスクが高くなる。怖いのは、中国政府は無実の日本人を強制逮捕し監禁、拘束し、日本側との交渉に使う。中国政府は場合によっては終身刑や死刑すらありうるということ。追記、2023/01/12

4 戦争中のスイング短期トレードはしない

デイトレはするが、積極的にはトレードしない
場合によっては保有株を売っておく
順張りスイング短期はしない 株価の動きが読めない
下落なら空売り または有名配当銘柄をリバウンド狙い
長期トレードは資金が有れば検討する