株その他」カテゴリーアーカイブ

株その他

株の売買による損益が発生した確定申告の記録

・株の売買損益、確定申告、特定口座の源泉徴収あり

2つの証券会社を使用していて、一方の証券会社側で損が発生した。
・申告内容:特定口座の源泉徴収あり
住民税申告不要制度を利用。税制上の手続きをよくわかっていないが特定口座の源泉徴収ありなので申告は原則不要(すでに税金は徴収されているから)だが、一方の証券会社で取引がマイナスがあるので申告した。
差額を含めて正しい利益となり納める税金が確定する。払いすぎたら還付される
またマイナスが大きい場合は3年間繰越できる。
マイナスが大きいほど恩恵がある。損をいくらか補填できる。

定形外郵便物A4サイズで140円(郵便局で聞いた)、もう一つ市民税課向けは量が多かったので多めの切手約180円(郵便局で確認せず)を貼った。

・提出書類

(1)所得税の確定申告書

国税庁ホームページから所得税の確定申告書を作成してコンビニでプリントした。2/13
こちらは税務署へ郵送予定
国税庁の入力内容は途中までを保存できる。保存して後日読み込み、途中から入力を継続できる。終わったらPDFをダウンロードする
PCにてGoogleドライブにアップしてアイフォン を使ってネットプリントで予約登録した。セブンイレブンのカラープリントは60円モノクロプリントは20円で単にコピーは10円1枚かかる。
更にマイナンバーカードの写し必要で、ない時は免許証と通知カードの写しが必要または他の身分を証明する書類が必要である。

添付:社会保険料控除証明書、国民健康保険連絡票を添付した(この書類は1月、2月上旬くらいに郵送されてくる)

(2)住民税申告不要制度

別の提出書類として
住民税申告不要制度のために2つの書類A、Bと年間取引報告書証券会社2社分のコピーを郵送予定
A 市民税・県民税申告書 市役所のHPからダウンロードできる
B市民税・県民税申告書(上場株式等の所得に関する課税方式選択用)市役所のHPからダウンロードできる
この住民税申告不要制度は市区町村の自治体でバラバラの書類手続きらしいので、在住の市区町村のホームページ等を調べて必要な書類を取得したほうがよいらしい。
(宮崎市の場合は2種類の書類が必要だった。現在コロナウィルス感染拡大中のため、郵送が好ましい)
こちらは住民税担当の部署へ送る予定
楽天証券の場合の年間取引報告書は当該サイトから年間取引報告書をPDFでダウンロードした。もう1つは毎年郵送で送ってくる。

 

東京証券取引所、 全銘柄売買停止 終日

2020/10/01

寄り付き前の情報をマーケットスピードで見ていた。そして市場が開始する前に、東証で障害が発生したというニュースが有り、売買停止となった。そして前場は取引できず、その後終日取引は停止というニュースが流れた。終日取引停止というのは相当珍しい。

「東京証券取引所 全銘柄売買停止と発表 相場情報の配信に障害のため(08:52)」

昨日10/1のローソク足は、9/30の終値になった。つまり休場ではなく売買停止となり、終値は存在する。画像は10/2朝にキャプチャした。 ヤフーファイナンスの注意アナウンスがトップに表示された